三鷹市で理想の賃貸物件探し

賃貸契約を結ぶ時には、自分だけでなく保証人の名前も必要です。

保証人にも種類があって、賃貸保証人では連帯保証人を立てることになっています。普通の保証人と連帯保証人の違いは、賃貸契約の連帯保証人はその部屋を借り暮らす本人と同等の責任を負うということです。例えばその賃貸物件を借りていた人が家賃を滞納して急にいなくなったとします。このような状況では、家主さんは借り手の連帯保証人になっている人に連絡をして家賃を請求し、また荷物を引き取って部屋を明け渡すよう求めます。連帯保証人は、必ず家主の求めに応じなければならないのが普通の保証人との違いです。本人に連絡してください、ということが連帯保証人にはできないということです。

気に入った賃貸物件に入居の申込みをする時には、申込書に連帯保証人になる人の名前を書くようになっています。ですから、賃貸探しを始めたら保証人を依頼しておかなくてはなりません。通常不動産会社では、連帯保証人は親族から選定するという条件をつけています。連帯保証人を依頼するとなると第一は親ですが、高齢で依頼できないなどの事情のある人も大勢います。

連帯保証人を頼む人がいない場合は、家賃保証会社に保証料を納めることで連帯保証人の代行サービスを利用するという方法もあります。