三鷹市で賃貸マンションを探す

賃貸物件は、当然のことながら大家さんの持ち物です。ですから勝手に内装を変えたりすることはできません。

また、賃貸物件に契約をして住んでいる人には、義務がいくつか発生します。まず、善管注意義務です。この善管注意義務というのは、借りている部屋を常識的に大切に、また丁寧に使わなくてはならないということです。

さらに、借り手には原状回復の義務もあります。現状回復というのは、その賃貸物件から退去する時に汚れや損傷を借り手が自分の負担で修繕して元通りにして返すということです。国の定めるガイドラインでは、通常の使用を超えた使用で発生した損傷や汚損について原状回復の義務を適用するとあります。これは、年月が経つことで起こる劣化については借り手の責任ではなく、故意に壊したり汚したりした分についてのみ退去時クリーニングの費用を負担する義務があるということです。

退去の時の原状回復の費用は契約の時に大家さんに預けた敷金から払われ、残りが返金されることになりますから、日常の手入れを大切にし、汚れたらすぐに掃除したり汚れない工夫をすることで敷金が多く戻ってくることにつながるのです。